税務争訟

  •  社会の複雑化や納税者の意識の高揚を背景として、税務争訟をめぐる情勢は大きく変わりつつあり、課税庁の行った課税処分を不服として納税者が国を訴えるケースや国際課税に関して紛争となるケースが増加しています。そして、これまで一般には納税者の請求が訴訟において認容されることは稀であると考えられていましたが、大きく報道された生命保険年金二重課税訴訟に代表されるように、近年、租税法律主義の下、裁判所が納税者の請求を認め、課税処分を取り消すケースも増加しています。そして、このような訴訟手続によって納税者の権利を守るためには、税務と法律の双方の知識に精通した弁護士が必要となります。
     当事務所は、国税庁に勤務した経験のある弁護士を含め、税務争訟に関して多くの知識と経験を有する弁護士を複数擁しており、課税庁との交渉や異議申立、審査請求、訴訟といった争訟手続により、納税者の利益を図るべく種々の活動をしています。