2017年 年頭のご挨拶

  • 2017年01月 [トピックス]
     

    皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。また、旧年中、当事務所に対し賜りましたご厚情に対しまして、厚く御礼を申し上げます。

    さて、昨年を顧みますと、ブレクジットやトランプ氏の大統領当選など、一般の予想を超えた国際的な動きが起こりました。その後、経済的には一時の極端な円高基調から円安基調に進み、輸出産業を中心に安堵感が広がりつつあるようにも思いますが、実際上は、我が国を取り巻く環境には不透明さが一段と増しているように思います。

    法務面においては、コーポレートガバナンス・コードの運用が具体化し、企業経営における法務問題が更に注視され、とりわけ、大企業を含め長時間労働を中心とする労働条件の改善が求められた年でした。

    企業経営における法務の重要性は益々高くなることが予想されます。当事務所は、宇根駿人弁護士及び小澤拓弁護士を、メンバーとして迎えることとなりますが、事務所体制を充実させることで、法的側面から皆様方の事業及び活動を確実に支え、高品質のリーガル・サービスを提供できるよう尽力してまいりたいと思います。

    皆様にとって明るく喜びに満ちた一年となりますことを、所員を代表して衷心より祈念いたしまして、年頭のご挨拶とさせて戴きます。

     

       共栄法律事務所

        代表パートナー   弁護士  木村圭二郎