稲田正毅弁護士が執筆した判例解説「小規模個人再生において信義則違反による不認可事由の判断に当たり無異議債権の存否を考慮することの可否(積極)[最高裁判所第三小法廷平成29年12月19日決定]」がTKCローライブラリー「新・判例解説Watch・倒産法No.46」に掲載されました。

  • 2018年08月 [書籍・論文]