トピックス一覧

  • 2012年04月 [トピックス]
    2012年4月、木村圭二郎弁護士が関西学院大学法科大学院教授(知的財産権・企業法実務)に、水野武夫弁護士が立命館大学法科大学院客員教授に、元氏成保弁護士が関西大学法科大学院准教授に、増本充香弁護士が立命館大学法科大学院客員教授に、それぞれ就任しました。
  • 2012年04月 [トピックス]
    2012年4月、木村圭二郎弁護士が、月刊「The Lawyers」の表紙を飾り、連載企画「ザ・サクセスフル・ローヤー」にて5頁にわたって紹介されました。
  • 2012年03月 [セミナー]
    2012年3月27日、稲田正毅弁護士が和歌山弁護士会・全国倒産処理弁護士ネットワーク共催研修において、『破産・民事再生における契約関係の処理』というテーマで講演を行いました。
  • 2012年03月 [書籍・論文]
    2012年3月、稲田正毅弁護士が執筆した論文「公序(倒産法秩序)を害する契約条項の効力否定規定の創設」を所蔵した『提言倒産法改正』(倒産法改正研究会)が、金融財政事情研究会(きんざい)から出版されました。
  • 2012年03月 [書籍・論文]
    2012年3月、三木義一弁護士が執筆した書籍『日本の税金 新版』(岩波新書)が、岩波書店から出版されました。
  • 2012年01月 [トピックス]
    2012年1月16日~20日、水野武夫弁護士が、各日付産経新聞(関西版)夕刊連載インタビュー記事「新関西笑談」にて全5回にわたって特集され、水野武夫弁護士の半生が紹介されました。
  • 2011年12月 [書籍・論文]
    2011年12月、増市 徹弁護士、稲田正毅弁護士、溝渕雅男弁護士が執筆者として参加した『私的整理の実務Q&A100問』が金融財政事情研究会(きんざい)から出版されました。
  • 2011年12月 [トピックス]
    2011年12月、今村 潤弁護士(64期)が当事務所所属の弁護士となりました。
  • 2011年04月 [トピックス]
    2011年4月、WEBサイトをリニューアルしました。また、2011年4月1日よりビル名が変更し、京阪御堂筋ビル(旧:東京建物大阪ビル)になりました。
  • 2011年04月 [コラム]
    2011年4月、稲田正毅弁護士が、「中小企業向け為替デリバティブの損失とその解決方法(金融商品取引法上の問題点)」というテーマで、元氏成保弁護士が、「武富士贈与税事件と租税法律主義」というテーマで、溝渕雅男弁護士が、「災害時における労働問題」というテーマで、それぞれコラムを掲載しました。
  • 2011年04月 [トピックス]
    2011年4月1日、木村圭二郎弁護士及び増市徹弁護士が、それぞれ大阪弁護士会副会長に就任し、公益活動たる会務活動に従事することとなりました。
  • 2011年04月 [コラム]
    2011年4月、山下侑士弁護士が、「管理費等滞納者に対する競売請求の可否についての考察」というテーマで、コラムを掲載しました。
  • 2011年03月 [セミナー]
    2011年3月3日・3月28日、木村圭二郎弁護士が、社団法人日本監査役協会関西支部経営マネジメント講座において、『反社会的勢力に関する法と対応』というテーマで講演を行いました。
  • 2011年02月 [書籍・論文]
    2011年2月、三木義一弁護士と峰崎直樹氏(内閣官房参与)との対談を月刊「税理」編集局が編集した『納税者権利章典で税制が変わる!』が、株式会社ぎょうせいから出版されました。三木義一弁護士は、政府税制調査会専門家委員会の委員として納税環境整備小委員会座長を務め、国税通則法の抜本改正と納税環境整備の具体的な改革を検討してきたものですが、平成23年度税制改正大綱についての評価・解説を行うものです。
  • 2011年01月 [セミナー]
    2011年1月11日、三木義一弁護士が、東京税理士会の『23年度税制改正大綱を読む』というセミナーにパネリストとして参加しました。
  • 2011年01月 [書籍・論文]
    2011年1月、木村圭二郎弁護士、稲田正毅弁護士、元氏成保弁護士、増本充香弁護士、溝渕雅男弁護士、藤内健吉弁護士、濱和哲弁護士、嶋本敦弁護士、福塚圭恵弁護士が著者として参加した『仮差押え-仮処分・仮登記を命ずる処分〈新訂貸出管理回収手続双書〉』が、金融財政事情研究会から出版されました。
  • 2010年12月 [書籍・論文]
    2010年12月、稲田正毅弁護士が執筆した『契約自由の原則と倒産法における限界』が、銀行法務21 №724(2010年12月号 経済法令研究会)に掲載されました。
  • 2010年12月 [トピックス]
    2010年12月、山下侑士弁護士(63期)が当事務所所属の弁護士となりました。
  • 2010年11月 [書籍・論文]
    2010年11月、三木義一弁護士が監修した『法人税 平成22年度版 税務力upシリーズ』が、清文社から出版されました
  • 2010年11月 [セミナー]
    2010年11月11日、稲田正毅弁護士が、租税訴訟学会近畿支部研修において、『清算所得課税の廃止と破産管財人による税務申告』というテーマで講演を行いました。