パートナー弁護士 稲田 正毅 Masaki Inada

リスク回避だけが弁護士の役割ではありません。依頼者の利益を守り、社会の発展に寄与する解決を目指します。

[主な業務分野]
事業再生・企業倒産、 企業法務(一般企業法務、M&A)、 ベンチャー・中小企業支援、 一般民商事事件

稲田 正毅

学歴

1992年
東京都立西高等学校卒業
1998年
大阪大学法学部卒業

公職・役職

  • 関西学院大学大学院 司法研究科 教授(2018年-)
  • 大阪大学大学院 高等司法研究科 招へい教授(倒産法演習)(2013年-)
  • 吹田市公平委員(2016年-)

全て見る

  • 吹田市開発審査会委員(2013年-、2017年-会長職)
  • 吹田市建築審査会委員(2013年-、2017年-会長職)
  • 大阪府特別労働相談員(2002年-)
  • 大阪弁護士会 民法改正問題特別委員会 副委員長(2009年-)
  • オカダアイヨン株式会社社外監査役(2011年-)

所属・活動

  • 大阪弁護士会 民法改正問題特別委員会
  • 大阪弁護士会 倒産法実務研究会
  • 大阪弁護士会 司法委員会 倒産法部会
  • 倒産実務交流会
  • 吹田ロータリークラブ

経歴

全て見る

2000年
弁護士登録(大阪弁護士会・52期)
2002年-
大阪府特別労働相談員
2006年-
共栄法律事務所 パートナー就任
2006年
神戸大学大学院法学研究科・経営学研究科「事業再生担当実務家養成講座」修了
2007年-
大阪弁護士会 司法委員会倒産法部会委員
2007年-2013年
大阪大学大学院高等司法研究科非常勤講師(倒産法演習)
2008年-2011年
大阪弁護士会 企画調査室嘱託
2009年-2018年
関西学院大学大学院司法研究科非常勤講師(倒産処理法演習)
2009年-
大阪弁護士会 民法改正問題特別委員会 副委員長
2010年-
大阪弁護士会 民事訴訟法の運用に関する協議会 委員
2010年
大阪弁護士会 行政との連携に関するプロジェクトチーム 副座長
2010年-2011年
大阪弁護士会 地域司法計画PT委員
2011年-
大阪府中小企業再生支援協議会 個別支援チーム構成員
2011年-
個人版私的整理ガイドライン運営委員会 登録専門家(番号10491)
2013年-
大阪大学大学院 高等司法研究科 招へい教授(倒産法演習)
2013年-
吹田市開発審査会委員、吹田市建築審査会委員
2014年-2017年
大阪弁護士会 司法委員会 副委員長
2016年-
吹田市公平委員
    
2017年-
吹田市開発審査会会長、吹田市建築審査会会長
    
2018年-
関西学院大学大学院 司法研究科 教授

著書・論文

全て見る

破産申立代理人の過大な報酬についての考察
『法の理論と実務の交錯』(共栄法律事務所編)/法律文化社 2018年10月
(改正民法対応)これだけは押さえておきたい担保の知識
SMBCコンサルティング株式会社 実務シリーズNo.210


2018年10月
第三債務者が差押債務者に対する弁済後に差押債権者に対してした更なる弁済は、破産法162条1項の規定による否認権行使の対象とならない[最高裁判所第三小法廷平成29年12月19日判決]
TKCローライブラリー「新・判例解説Watch・倒産法No.48」 2018年7月
小規模個人再生において信義則違反による不認可事由の判断に当たり無異議債権の存否を考慮することの可否(積極)[最高裁判所第三小法廷平成29年12月19日決定]
TKCローライブラリー「新・判例解説Watch・倒産法No.46」 2018年7月
Before/After 民法改正
弘文堂(分担執筆) 2017年9月
実務解説 民法改正―新たな債権法下での指針と対応
民事法研究会 2017年6月
私的整理の実務Q&A140問
金融財政研究会(分担執筆) 2014年11月
倒産法改正150の検討課題
金融財政研究会(分担執筆) 2014年2月
破産管財BASIC-チェックポイントとQ&A-
株式会社 民事法研究会
2014年2月
営業部門のための債権保全・回収の法律知識
SMBC経営懇話会 実務シリーズ№143 SMBCコンサルティング㈱
2013年2月
破産実務Q&A 200問
金融財政事情研究会(きんざい) 2012年12月
集合債権譲渡担保権をめぐる問題
『一問一答 民事再生手続と金融機関の対応」(四宮章夫・中井康之・森恵一・阿多博文編)/経済法令研究会
2012年9月
私的整理の実務Q&A100問(分担・共同執筆)
全国倒産処理弁護士ネットワーク(編)/金融財政事情研究会(きんざい)

2011年12月
民法(債権法)改正の論点と実務<下>-法制審の検討事項に対する意見書
商事法務 大阪弁護士会編(分担執筆) 2011年7月
手続的アプローチを重視した解除制度の提案
ジュリスト 1423号 87頁 2011年5月
民法(債権法)改正の論点と実務<上>-法制審の検討事項に対する意見書
商事法務 大阪弁護士会編(分担執筆) 2011年3月
仮差押え-仮処分・仮登記を命ずる処分〈新訂貸出管理回収手続双書〉
金融財政事情研究会(きんざい)





2011年1月
契約自由の原則と倒産法における限界
銀行法務21 724号32頁 2010年12月
民事再生実践マニュアル
青林書院 2010年9月
民法(債権法)改正の紹介と契約実務に与える影響
SMBCコンサルティング 2010年5月
実務家からみた民法改正-「債権法の基本方針に対する意見書」
商事法務 大阪弁護士会(分担執筆) 2009年12月
新版 破産管財手続の運用と書式
新日本法規出版
2009年12月
破産実務Q&A 150問
金融財政事情研究会(きんざい) 2007年10月
わかりやすい会社法の手引き
新日本法規出版 2006年10月
医療過誤事件マニュアル
大阪弁護士会協同組合 2005年1月

講演・セミナー

全て見る

民法改正セミナー~2020年施行 契約における時効、法定利率、定型約款、個人保証等の改正について~
2018年2月 稲田 正毅 主催:関西ねじ協同組合
中小企業のための法律セミナー 民法(債権法)大改正 早わかり~知っておくべき改正のポイント~
2017年12月 稲田 正毅 主催:大阪府中小企業団体中央会
改正民法(債権関係)の解説-契約実務上の重要ポイントー
2017年11月 稲田 正毅 主催:商事法務・経営法友会
再建型倒産手続での弁護士の「やりがい」
2016年10月 稲田 正毅 主催:大阪地方裁判所第6民事部 第69期選択型実務修習
ハラスメント講座
2016年1月 稲田 正毅 主催:千三地区公民館 人権研修会
民法(債権関係)改正の主な論点と不動産実務への影響
2014年4月 稲田 正毅 主催:大阪弁護士会、大阪府不動産鑑定士協会研修
仮処分手続
2014年~2016年 稲田 正毅 主催:大阪弁護士会 実践基本ゼミ 保全・執行
労働契約法・高年齢者雇用安定法・労働者派遣法の改正から1年が経過して
2014年2月 稲田 正毅 主催:大阪府総合労働事務所 中小企業労働環境向上講座 労働法関係セミナー
破産管財人の権限/破産管財業務の実情
2013年10月 稲田 正毅 主催:法務省 法務総合研究所(ベトナム法整備支援研修)
私的整理における税務会計知識
2013年3月 稲田 正毅 主催:大阪弁護士会研修
弁護士自治シンポジウム
2013年2月 稲田 正毅 主催:大阪弁護士会 友新会
破産・民事再生における契約関係の処理
2012年3月 稲田 正毅 主催:和歌山弁護士会・全国倒産処理弁護士ネットワーク研修
民法改正の方向性と実務への影響について その1 債権の目的、債務不履行の責任、契約の効力と解除 他
2011年5月 稲田 正毅 主催:公益財団法人関西生産性本部「ビジネスロー・フォーラム」
清算所得課税の廃止と破産管財人による税務申告
2010年11月 稲田 正毅 主催:租税訴訟学会近畿支部研修
弁護士自治
2010年10月 稲田 正毅 主催:大阪弁護士会事務局研修
契約書作成の実務
2010年10月 稲田 正毅 主催:大阪弁護士会 選択型実務修習「企業法務」
民法(債権法)改正で契約はどう変わるか
2010年9月 稲田 正毅 主催:SMBCコンサルティング
私的自治の原則(契約自由の原則)と倒産法における限界
2010年7月 稲田 正毅 主催:倒産実務交流会
民法(債権法)改正の契約実務に与える影響 第1回
2010年5月 稲田 正毅 主催:経営法友会
第2回 民法(債権法)改正ミニシンポジウム
2009年12月 稲田 正毅 主催:日本弁護士会・近畿弁護士連合会・大阪弁護士会共催
契約書作成の実務
2009年11月 稲田 正毅 主催:大阪弁護士会 選択型実務修習「企業法務」
歯科医師の説明義務に関する法的責任
2009年11月 稲田 正毅 主催:阪大歯科学研究会
民法(債権法)改正検討員会「債権法改正の基本方針」の個別論点の紹介
2009年10月 稲田 正毅 主催:大阪弁護士会研修
第2回 民事再生申立研修
2009年10月 稲田 正毅 主催:大阪弁護士会研修
倒産事件における税務上の留意点
2009年7月 稲田 正毅 主催:近畿税理士会西支部葉月会
紛争事例から学ぶ契約書作成の実務Ⅰ及びⅡ
2006年2月 稲田 正毅 主催:大阪大学先端科学イノベーションセンター