パートナー弁護士 木村 圭二郎 Keijirou Kimura

[主な業務分野]
企業法務(一般企業法務、コーポレートガバナンス、M&A等)、 事業再生・企業倒産、 知的財産権、 渉外法務

木村 圭二郎

学歴

1980年
熊本マリスト学園高等学校卒業
1985年
京都大学法学部卒業
1993年
 
コーネル大学法科大学院修士課程卒業
(製造物責任法、知的財産権法及び国際私法等を専攻)

公職・役職

全て見る

     
  • カリフォルニア大学・デービス校:米国法入門講座アドバイザリー委員会委員
  •  
  • 株式会社ナガオカ 社外監査役(2007年-)
  • 新宝塚カントリークラブ 理事(2011年-)
  •  
  • 阿山カンツリー倶楽部 理事(2011年-)
  •  
  • 日米法学会 評議員(2013年-)
  •  
  • 日本電気硝子株式会社 社外監査役(2015年-)
  • 日本弁護士連合会 民事介入暴力対策委員会 委員長(2016年-)
  • 京都大学 利益相反マネジメント委員会 利益相反アドバイザリーボード委員(2016年-)
  • 暴力団被害救済基金 評議員(2017年-)

経歴

全て見る

1987年-現在
弁護士登録(大阪弁護士会・39期)
1987年-1998年
昭和法律事務所入所
1991年-1998年
昭和法律事務所 パートナー就任
1993年-1994年
ソネンシャイン・ナ-ス&ロ-ゼンサー法律事務所勤務
1993年-1994年
ロスアンゼルス弁護士会、環太平洋委員会特別委員
1994年-現在
ニューヨーク州弁護士会登録
1995年
昭和法律事務所・執務再開 米国海事法協会・弁護士会員登録
1995年-2012年
弁理士登録
1995年-1996年
JICA 国際知的財産権コース講師
1997年-1998年
九州大学法学部(LLMコース)講師
1998年-現在
共栄法律事務所 共同設立
1998年-1999年
大阪弁護士会、民事介入暴力及び業務妨害対策委員会副委員長
1999年-2000年
金沢大学法学部 「リーガルドラフティング」非常勤講師
2000年
日本弁護士連合会、民事介入暴力対策委員会副委員長
2000年
犯罪防止及び犯罪者の処遇に関する国連会議 国連会議日弁連代表
2000年-2011年
オカダアイヨン株式会社 社外監査役
2000年-2012年
中央電力株式会社 社外取締役
2002年-2004年
日本弁護士連合会、民事介入暴力対策委員会副委員長
2004年(2011年除く)-2015年
関西学院大学大学院司法研究科教授(企業法実務・知的財産権)
2005年-2006年
大阪弁護士会、民事介入暴力及び業務妨害対策委員会副委員長
2006年-2008年
大阪弁護士会、知的財産委員会副委員長
2007年
大阪弁護士会、民事介入暴力及び業務妨害対策委員会委員長
2007年-現在
株式会社ナガオカ 社外監査役
2006年-2013年
大阪証券取引所上場委員会委員就任
2008年-2009年
社団法人発明協会 平成20年度模倣被害アドバイザー
2009年-2011年
株式会社シャルレ 社外監査役
    
2010年-2012年
株式会社OSK日本歌劇団 社外取締役
2011年
大阪弁護士会副会長
2011年
近畿弁護士会連合会 常務理事
2011年
日本弁護士連合会 理事
2011年
大阪市長及び大阪府警察本部長連名表彰(暴力団追放活動)
  
2011年-現在
共栄法律事務所 代表パートナー
   
2011年―現在
阿山カンツリー倶楽部 理事
   
2011年―現在
新宝塚カントリークラブ 理事
   
2013年
大阪府知事及び近畿管区警察局長連名表彰(暴力団追放活動)
   
2013年3月
大阪府監査委員事務局監査等業務受託事業者選定委員会 委員
2013年―現在
日米法学会 評議員
2013年―2015年
日本弁護士連合会 民事介入暴力対策委員会副委員長
   
2014年
大阪簡易裁判所 司法委員
   
2015年―現在
日本電気硝子株式会社 社外監査役
   
2016年―現在
日本弁護士連合会 民事介入暴力対策委員会 委員長
    
2016年
平成28年10月 警察大学校(暴力団排除対策専科)・「民事介入暴力」に関する講師
   
2016年-現在
京都大学 利益相反マネジメント委員会 利益相反アドバイザリーボード委員
   
2017年-現在
暴力団被害救済基金 評議員
   

著書・論文

全て見る

講演・セミナー

中小オーナー企業のスポンサー選定に関する考察(上)(下)
銀行法務21 769号・771号 木村 圭二郎
溝渕 雅男
2014年3月・4月
反社会的勢力の要求に応じると企業は「被害者」ではなく「資金提供者」になる
アイ・エル・エス出版(The lawyers 2013年1月号) 木村 圭二郎
藤内 健吉
2013年1月
弁護士費用保険の意義と課題
アイ・エル・エス出版(The lawyers 2011年9月号) 木村 圭二郎 2011年9月
独立役員、社外役員と監査役の連携-企業統治の在り方
月刊監査役579号136頁/社団法人日本監査役協会 木村 圭二郎 2011年1月
商標法26条1項2号の「普通名称」の意義ー招福巻事件
『最新知的財産判例集ー未評釈判例を中心として』青林書院 木村 圭二郎 2011年1月
仮差押え-仮処分・仮登記を命ずる処分〈新訂貸出管理回収手続双書〉
金融財政事情研究会(きんざい) 木村 圭二郎
稲田 正毅
元氏 成保
溝渕 雅男
増本 充香
藤内 健吉
福塚 圭恵
2011年1月
英語版日本ビジネス法体系 Doing Business in Japan
commercial instruments 木村 圭二郎 2010年10月
証券取引市場からの反社会的勢力の排除
『反社会的勢力と不当要求の根絶への挑戦と課題』金融財政事情研究会(きんざい) 木村 圭二郎 2010年6月
反社会的勢力と不当要求の根絶への挑戦と課題
日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会 木村 圭二郎
増本 充香
2010年6月
通常再生の実務Q&A150問
金融財政事情研究会(きんざい) 木村 圭二郎
溝渕 雅男
2010年1月
「社外取締役制度」の義務化の要否に関する検討
月刊監査役564号30頁/社団法人日本監査役協会 木村 圭二郎 2009年12月
反社会的勢力排除に向けた対応強化と監査役の実務対応
月刊監査役555号4頁、社団法人日本監査役協会 木村 圭二郎
増本 充香
2009年5月
写真の著作物と編集著作物
『ロースクール演習知的財産法』法学書院 木村 圭二郎 2009年4月
「内部統制の本質と法的責任」コンプライアンス研究会編
経済産業調査会 木村 圭二郎
増本 充香
2009年4月
Q103 実用新案技術評価書
『特許・実用新案の法律相談』青林書院 木村 圭二郎 2009年1月
法の支配の具象化のために
日弁連民事介入暴力対策委員会20周年 木村 圭二郎 2000年8月
商標権者によって適法に拡布された商品の改変と商標権侵害の成否
『小松陽一郎先生還暦記念論文集刊行会 、最新判例知財法』青林書院 木村 圭二郎 2008年5月
弁護士の専門性強化に向けて
自由と正義57巻10号 木村 圭二郎 2006年10月
休眠特許の活用方法についての調査・研究
共同研究 木村 圭二郎 2006年3月
上場会社の内部統制システムの法構造
日本インベスター・リレーションズ協議会 木村 圭二郎 2006年1月
知的財産法基本判例ガイド
朝倉書店 木村 圭二郎 2005年5月
連邦量刑ガイドライン改正諮問委員会によるコンプライアンスの新提案
日弁連他編『民暴全国拡大協議会大阪資料』 木村 圭二郎 2003年1月
アメリカにおけるコンプライアンス関連制度とその新たな方向性
日弁連他編『民暴全国拡大協議会大阪資料』 木村 圭二郎 2003年1月
不法勢力対策としてのコンプライアンス
日弁連他編『民暴全国拡大協議会大阪資料』 木村 圭二郎 2003年1月
強制執行の実効性確保について
自由と正義53巻9号 木村 圭二郎 2002年9月
(座談会)担保・執行法制の見直しの課題と改正の方向性
判例タイムズ1094号24頁 木村 圭二郎 2002年9月
占有利用型執行妨害に関する法改正の視点について
判例タイムズ1069号51頁 木村 圭二郎 2001年11月
統合と多様化のはざまにて
月刊司法改革17号 木村 圭二郎 2001年2月
Progress in the Fight Against Corruption in Asia and the Pacific
木村 圭二郎 2001年1月
Partnership between the Public and Private Sectors to Fight Corruption Linked to Organized Crime
OECD報告書 木村 圭二郎 2001年1月
広域暴力団組長の不法行為責任の構造
日弁連民事介入暴力対策委員会編、『民暴対策論の新たな展開』金融財政事情研究会 木村 圭二郎 2000年8月
ソフトウェアの日本語化及び販売契約の解説
社団法人日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会『国際交流の推進に関する事業』報告書 木村 圭二郎 2000年3月
犯罪被害者支援と弁護士
東京法令出版 木村 圭二郎 2000年1月
「注解判例民法Ib、物権法」林良平編 377条乃至387条(滌除) 
木村 圭二郎 1999年10月
慰謝料の制裁的機能の再評価
沖縄弁護士会編『第48回民事介入暴力対策沖縄大会協議会資料』 木村 圭二郎 1997年3月
引渡命令に関する裁判例の検討
大阪弁護士会編『住専処理と執行妨害対策の論点』 木村 圭二郎 1997年3月
金融機関の改革、回復と強制に関する法の概要
大阪弁護士会編、住専処理と執行妨害対策の論点 木村 圭二郎 1997年1月
保証会社の倒産と債権管理上の諸問題
金融法務事情1462号32頁 木村 圭二郎 1996年9月
米国倒産法上の外国倒産手続の承認について
民商法雑誌112巻6号32頁、 同113巻1号28頁 木村 圭二郎 1995年9月
米国組織犯罪規正法(RICO法)について
金融法務事情1286号18頁 木村 圭二郎 1991年5月
「注解判例民法Ⅲ、債権法Ⅱ」林良平編 民法709条(担保権侵害)
木村 圭二郎 1989年5月

全て見る

民暴対策に想うこと
2016年11月 木村 圭二郎 主催:大阪府暴力追放推進センター・大阪府警察
民事介入暴力
2016年10月 木村 圭二郎 主催:警察大学校(暴力団排除対策専科)
技術情報の保護とその対策
2014年4月 木村 圭二郎 主催:株式会社ナガオカ
プロ野球からの悪質応援団排除の歩み~取引社会からの反社排除の実践~
2014年2月 木村 圭二郎 主催:プロ野球暴力団等排除対策協議会
企業再編
2014年1月 木村 圭二郎 主催:経営法友会
企業再編
2013年1月 木村 圭二郎 主催:経営法友会
監査役監査の理論と実務-コーポレート・ガバナンスを巡る最新事情を踏まえて-
2012年9月 木村 圭二郎 主催:公益社団法人日本監査役協会九州支部
平成23年度「国内養成コース」第7回企業再編
2012年1月 木村 圭二郎 主催:経営法友会
テレビ局における暴排~芸能界暴排の一環として~
2011年10月 木村 圭二郎 主催:関西テレビ放送株式会社
反社会的勢力に関する法と対応
2011年3月 木村 圭二郎 主催:日本監査役協会関西支部 経営リスクマネジメント講座
民事介入暴力と法的対応要領等について
2010年11月 木村 圭二郎 主催:大阪府暴力追放推進センター
独立役員、社外役員と監査役の連携-企業統治の在り方
2010年10月 木村 圭二郎 主催:日本監査役協会 第71回監査役全国会議 第3分科会
大阪のエンタテイメント文化の活性化のために~OSK日本歌劇団とumeda-AKASO(旧バナナホール)再生と課題~
2010年1月 木村 圭二郎 主催:社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)
新たな内部統制システムと経営上の責任
2009年10月 木村 圭二郎 主催:日本貿易振興機構(JETRO) ジェトロ政策課題研究会
幹部従業員の役割と内部統制システムに関する取締役の責任
2009年9月 木村 圭二郎 主催:関西テレビ放送株式会社
企業法務(4)知的財産権法
2009年7月 木村 圭二郎 主催:KC・関西学院大学新月プログラム 第6期税理士のための会計・法律講座
民事介入暴力と法的対応要領等について
2009年6月 木村 圭二郎 主催:大阪府暴力追放推進センター
新たな内部統制システムと取締役の責任
2009年4月、2009年7月 木村 圭二郎 主催:大阪証券取引所
特許権・実用新案権侵害訴訟2(損害賠償)
2008年8月 木村 圭二郎 主催:日本弁理士会 能力担保研修
特許権・実用新案権侵害訴訟1(差止)
2008年6月 木村 圭二郎 主催:日本弁理士会 能力担保研修
法律家の仕事と法科大学院の役割
2008年2月 木村 圭二郎 主催:株式会社東京リーガルマインド
弁護士の現状と未来-企業法務の経験から
2007年9月 木村 圭二郎 主催:株式会社東京リーガルマインド
特許権・実用新案権侵害訴訟2(損害賠償)
2007年8月 木村 圭二郎 主催:日本弁理士会 能力担保研修
特許権・実用新案権侵害訴訟1(差止)
2007年6月 木村 圭二郎 主催:日本弁理士会 能力担保研修
内部統制システムと法的責任
2007年3月 木村 圭二郎 主催:AIU保険株式会社
法的リスクと企業法務-内部統制システムに関連して
2006年9月 木村 圭二郎 主催:同志社大学法学部第7回企業法務教育に関する研究会
民事介入暴力とその具体的対応要領等
2006年~2009年 木村 圭二郎 主催:大阪府暴力追放推進センター
企業派遣研修
2005年5月、2005年10月 木村 圭二郎 主催:SMBCコンサルティング株式会社
国際倒産法について
2004年10月 木村 圭二郎 主催:3回ウズベキスタン共和国法整備支援研修
アジア太平洋地域における腐敗との対決
2000年12月 木村 圭二郎 主催:OECDソウル会議、「コーポレート・ガバナンスの改善」検討部会

コラム